2015年11月17日

事件簿第4号 車の代書屋さん

開業5か月目、今日11月16日、事件簿第4号終わりました。
  全部自動車関連の仕事で、今や自動車の代書屋さんになっています。

10月8日 事件簿第一号 栃木の日産ディーラーから、浜松の車庫証明の依頼 
  ネットで調べて注文してくれました。
  浜松中央警察で、
  「行政書士なりたてです、初めての仕事で何もわからないので教えてください」
  親切に教えてもらって、10月19日初仕事無事完了。
  係りのおばさん、本当に親切にありがとうございました。
  警察には3回行きました。


11月5日 事件簿第2号 東京の中古車販売業者から移転登録の依頼
   これもネットで私を選んでくれました。   
   中古車販売業者から、浜松の青年がネットで車購入
   車、何時どうやって運んでくるのかな?
   ナンバーの取り付けはどうするのかな? 私には付けられません。
   「請求書送って下さい」とのこと、できるかどうか不安だったけど
    ファックス送ったら、4時間後に振り込みましたとのこと。

   先輩3人に教えてもらったけど、
   絶対に間違えてはいけない委任状を一字脱字してしまう。
   捨印が押してあるので、一字加入と書いて訂正。
   「捨印の訂正ではダメです」と言われるかも知れないと、
   その夜はうなされました。
   提出したらすんなり通過、ラッキー!!
   
   購入した青年が車を浜松運輸支局まで乗ってきてくれたので、
   「ナンバープレートを取り換えて、封印して貰ってください。」と
   私は一切車に触れずに、完了。
   「いいナンバーをありがとうございます。」と
   その青年は感謝してくれました。
   私が決めた番号ではないのですが嬉しくなりました。


11月11日  事件簿第3号 名古屋から中古軽自動車の新規登録依頼
    「いくらでやってくれますか?」と若い女性の声
    「〇〇円です」と、前回の依頼の値段を言ったら、
    「検討します」
    高いのかな?と不安になったが、
    「良かったら、△△番にファックスしておいて下さい。」
    30分後に「書類送りますので、お願いします。」
    
    浜松運輸支局に持って行ったら、「ここではありません」と
    1キロ先の軽自動車の車検場を教えてもらう。

    そこでも
   「行政書士なりたてです。初めての仕事で分かりませんので教えてください。」
    親切な青年が記入見本もくれました。

    ナンバープレートをもらい送ってあげたら。翌朝には振込がありました。

11月13日  事件簿第4号 三重県から中古バイクの登録依頼
    これも「いくらで、やってくれますか?」とおばさんらしき声
    「え! そんなに高いの!!」
    「普通車ばっかりやってるもんで」としどろもどろに、
    半額以下にまけさせられる。
    関西のおばさんには負けるなと思ったら、
    「そんなに安くしたら悪いから」とちょっと上げてくれました。
    あったかい人なんだ!感謝! 安くても喜んでやりましょう!

    書類を見たら、こんなんで通るのかなと思ったら、すんなり通過。
    バイクは簡単なんだ。

今や自動車の代書屋さんです。
出入国管理業務や建築業許認可、離婚協議書に遺言書作成と準備してきましたが。
浜松では自動車のニーズが多いんですね。

インターネットを業者の人が見てくれるようになったのですね。
これからもどんどん仕事が来るといいのですが!!1

くる仕事はなんでも喜んでやりましょう。
定年後の仕事で銀行に振込3件、封筒に現金が入っていて、
出る一方だったお金が、入ってきました。 ありがたや! ありがたや!

私のホームページはこちらです → http://yonejimu.com/







  
posted by 米倉 紀男 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業1年目