2016年03月23日

相続人調査が終わりましたが、被相続人の父の戸籍が消えていました。


相続人調査で、依頼者が小さいときに、

母と別れた父親の戸籍をたどっていくと、

浜松市役所から〇〇市役所に調べに行くことになりました。

そこで、「依頼者の知らない実の姉と妹」の存在が判明。

そこでもまだ父親の生死が分からず、さらに千葉の〇〇市役所

から戸籍謄本を郵便で取り寄せしました。

更に「依頼者に異母兄弟2名」の存在が判明しました。

そこでもまだ父親の生死が不明です。

その次は東京都〇〇市から取り寄せるとようやく

父親の死亡が確認できました。

それでも父親の出生がまだ確認できません。

相続人調査はすでに死亡した相続人の出生から調べないと

他にまだ子供がいるかもしれません。

最後の調査と浜松でまた戸籍謄本を依頼すると、

3時間以上経過してから記載の本籍地に「該当者が見当たらない」

との回答です。な、な、なんと約10年の記録がないのです。

「戦争で焼失したのですか?」−−−「わかりません」

前に千葉から取り寄せた謄本を読み返してみると、

昭和元年に焼失して戸籍を再製したとの記載がありました。

その再製にミスがあったのだろうか?!

理由はわからないまま、役所にお願いして申請書に朱字で

「該当者ありません」と記載してもらいました。

父親の10歳からは判明しているので他には子はあり得ないと

判断できるとして、調査終了です。

その旨を報告書にして、依頼者に回答しました。

契約通りの報酬はいただけたので良かったです。

こんなことにならないため「娘のために遺言書を残したい」

と次の依頼に結びつきそうです。

 私のホームページの遺言のページはこちらです

 ⇒ http://yonejimu.com/custom4.html











posted by 米倉 紀男 at 00:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 開業1年目